大手ワインネット販売サイトでは、デイリーワインの他にも、著名ワイナリーのワインの値段が下がることがありますね。ネット購入でオトクなワインをみつけるコツは?ということで探ってみましょう。

普段から、自分の好みを把握しておきましょう

ワインの味わいをあまり限定せずに、広く興味を持って網を張っておくと、いきなりセールのお知らせが飛び込んできてハッとすることがあります。
例えば、イタリアワインフェアやフランスボルドーフェアなど、各ワイン販売サイトが期間限定で入荷連絡と合わせて、耳よりなお知らせ情報を送ってくれることも多いです。
また、憧れのワインがたまたま安くなるタイミングなどに、自分の好みをある程度把握しておけば、効率よくお買い物することができそうです。

ワインは発酵食品と同じですが、焦りは禁物です!

長期熟成型のワインの場合は、買ってすぐには飲まなくても2、3ヶ月後に開けるぐらいでちょうどいいようなタイミングでお知らせが届くことがあります。
ちょうどそのときに、お財布事情が厳しいことも考えられますが、欲しいワインを買うタイミングはそのときだけではありません!
今回逃したとしても、また別のいいワインと出会えるチャンスが巡ってくるので、ワインの銘柄やタイプにあまり固執しすぎることなく、ちょうどいいタイミングのワインを見極めて買うのも、ワインを選ぶ楽しみのひとつになります。

セットワインの中に「目玉商品」が隠れていることがある!

(著名ワイナリーへの興味は持ち続けるといいことあるかも)
赤ワイン5本セット、白ワイン5本セットなど、セットワインで販売されている中に、かなり割安にして、良質なワインが目玉として含まれていることがあります。
例えば、1万円のセットの中で、目当てのものが1本か2本でも、気になるワインであればチャレンジしてみるオトク価格でお値段以上の価値のものが結構あります。
気になる産地やワイナリーの情報も、インプットしながらワインを選ぶといいかもしれません。
あんまり好きでない味わいのものが入ってた場合は、サングリアにしてしまえば美味しくいただけますので心配ありません!大いにチャレンジしてみることをオススメします。